辛さ・苦難を乗り越えた先に・・・

ヒーローズ横浜鶴見校も夏休み期間に入り、校舎はお昼から開けている。

早い生徒は お昼から来てずっと勉強して帰るのが9時過ぎという生徒もいる。

 

勉強が楽しくなってきた~!

 

と言ってくれる生徒が増えてきたのはとてもうれしい。

 

しかし一方で勉強がつらくなってきた、という生徒も出てきました。

 

これはわかっていたことです。楽しくて頑張りすぎると疲れが出てきたり壁にぶち当たったりするものなのです。

 

今回は勉強が辛い人に向けた話になります。

 

今の世の中は楽しいことが蔓延している。

 

自分の勉強部屋を持っていて、勉強机の横には好きなマンガ本が置いてあり、ゲームもある。手元には携帯があり、メールすればすぐに返事が返ってきて常に友人とつながることができるし、居間に行けばテレビも見ることができる。

 

誘惑物がたくさんあるのだ。

 

そんな中で、勉強というある意味辛くて嫌なことに打ち込むことは容易ではない。

大人でもそうでしょう?

 

塾にはその点、勉強以外に何もない。

勉強するしかないのだ。

 

だから塾に行くことがいやになってくる生徒もいる。

 

しかし、そんな時こそ塾に来させてほしい。

 

辛さを味わうチャンスなのだ。

 

楽しいときだけ勉強するのではなく、辛くても頑張る。辛くてもやり続ける。

 

その辛さ・苦難を我慢し続けた結果、かけがえのない見返りが待っているのだ。

 

そんなことを言ってもなかなかピンとくる人は少ないかもしれない。

 

私自身の経験を述べさせてほしい。

 

次回に続く・・・