松下村塾について

 

・吉田松陰先生の存在

 

ヒーローズ横浜鶴見校の設立の背景に切っても切れない人の存在が吉田松陰です。吉田松陰は1830年に生まれ安政の大獄で30歳の若さで処刑されたが明治維新の事実上の精神的理論者といわれている。

吉田松陰が松下村塾で教えていたのは2年余り。

その間、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋などの尊王攘夷、明治維新の指導者たちを育てた。

 

吉田松陰先生は死生観についてこう述べた。

 

  「死は好むものではなく、また憎むべきでもない。世の中には生きながらえながら心の死んでいるものがいるかと思えば、その身は滅んでも魂の存するものもいる。死して不朽の見込みあらばいつ死んでもよいし、生きて大業を成し遂げる見込みあらばいつまでも生きたらよいのである。つまり人間というものは、生死を度外視してなすべきことをなす心構えこそが大切なのだ

 

また勉強のことに関しては

「学問ばかりやっているものは腐れ儒者、もしくは専門馬鹿、または役立たずの物知りに過ぎず、おのれを天下の役に立てようとする者は、よろしく風の荒い世間に出て、なまの現実を見なければならない

  

・今の日本に足りないこと

 

今の教育者に上記の吉田松陰のような理念を持って伝えている人はどれくらいいるだろう。

また巷にあふれている学習塾は目の前の点数を上げることだけに注意がいき心や魂を育てるという気概を持った人はいないのではないだろうか。

大人の社会を見ても自らの利益や地位や名誉ばかりに心を奪われている人間が多いのだ。

 

・ヒーローズ横浜鶴見校

 

その吉田松陰の気概を持って心を豊かに、心を強く、心のしっかりした人間が今こそ必要なのではないか。

 

ヒーローズで教える信念として上記の吉田松陰の言葉のような考え方が背景にある。学ぶだけではなく常にそれを日常生活で実践し、困難にも立ち向かって自分のなすべきことをなす人間を育てるのだ。