TEL:045-502-0588

お気軽にお電話ください!

不登校・ひきこもりの子ども達へ

「鈍感力」という言葉が広まっている。不登校・ひきこもりの子はその反対の敏感な人、繊細な人たちである、といえる。

不登校・ひきこもりの人たちは特にこの傾向があると思う。親や先生や友だちの何気ない一言に傷つく、ということは誰でも経験あることだろう。
彼らはそれがより深く「大人はわかってくれない」「どうせ言っても無駄だ」と壁を作ってしまう。それが行動に現れたのが不登校やひきこもりではないだろうか。

子どもが不登校やひきこもりになって不安にならない親はいない。
中には(と言うより多くの親が)力ずくで学校に行かせようとする。
しかしその結果、ますます頑なになって行けなくなる期間が長くなったりする。

親御さん(特に父親に多い)の気持ちとしては

「社会に出たらもっと辛いんだからこんなことでくじけるな!」

「学校に行けないなんて精神力が弱いからだ、もっと強くなれ!」

「甘ったれてるだけだ」

「お前(母親)が甘やかすからこうなるんだ」

といったところであろうか。親の気持ちとしてはそれもよくわかる。

しかしそれは子どもの気持ちとはかけ離れている。

学校に行く時間になると胃痛がする、というのは甘ったれでも仮病でもなく本当のことなのである。本当につらいのだということを理解して欲しいのだ。

重要なことは彼らは敏感で繊細な感覚の持ち主であるということである。
同じ言葉、同じ痛みも彼らには何倍にも強く感じる。
そんな雰囲気を嗅ぎつけられ、なぜか彼らはいじめられたり、気にしている言葉を投げかけられたりする。

繊細な彼らにはその特性を活かした教育があると思う。集団の右ならへの学校教育に対しての親和性が低いといえるのかもしれない。
そんな彼らに対し心の家庭教師というのを私は提案している。

また不登校・ひきこもりに限らず繊細な人たちは、社会や人の目を怖いといって恐れる。人間の二面性を常に考え、本当の気持ちを知りたがる傾向にある。

ということは彼らは世間体や建て前ではなく本音で語って欲しいのではないだろうか。

18年ひきこもっていた30代の男性は今になって親に対する積年の恨みをカウンセリングで爆発させた。世間体を気にし自分を理解してくれないことへの怒りがそこにはあった。
本音で語り合えたことでその後急速に回復し晴れて社会に出て行ったのである。

そんな経験から私は子どもが不登校やひきこもりになって不安になった親に対して、事実を冷静に受け止めるように伝えている。
そして不登校・ひきこもりになって得られる利益も伝え、心から理解できるようにしてもらうように指導している。


親が‘ありえない状態’と思っていたことを「それもありかな」と思えたとき膠着してた事態が動き出していくことが多いのである。

不登校・ひきこもりで苦しんでいる子どもたちへ

君たちは人よりも繊細な感性を持った人だ。

 

そのところを周りは誤解している。

それによって傷ついてきたんだね。

 

繊細な感性を持った君たちを

 

周りは『鈍感』にさせようとしている。

 

それに反発しているんじゃないかな?

 

我々はそんな君たちの味方になれる。

 

そういう子たちをたくさん見てきた。

 

そして心の状態をしっかりと把握して受け止めることのできる大人だよ。

 

力になれると思うよ。

不登校・ひきこもりの子を持つ親御さんたちへ

子どもが不登校、引きこもりなどになったら不安にならない親はいませんね。

 

今までいろいろ試してきたことでしょう。

 

結果うまくいかない状態で今に至っているのであれば

 

我々に相談してください。

 

こころの家庭教師として自宅に赴き

 

子どもたちといろいろ話をし、相談に乗り、学習指導もしていきます。

 

 

カウンセリング&学習指導・こころの家庭教師

こころの家庭教師

料金は1時間5000円です。入会金10000円。

基本2時間制で、週1回以上行います。

時間は平日の午前、お昼~3時半まで。

 

その中で子どもとの相談、学習指導、親御さんとの相談

 

を行います。

 

うかがえる場所は神奈川、東京、埼玉、千葉。

交通費は別途。片道1時間以上かかる場合は要相談。

 

詳しいことは一度お電話ください。

 

お待ちしております。

 

tel:044-820-6147  大我(たいが)まで

 

伝えたいこと